スポンサーリンク

エアコンのドライ(除湿)を1時間かけてると電気代はいくら?


梅雨!
この時期ジメジメしだすと、
やはりつけたくなるのが、
エアコンの除湿機能。

実はこのエアコンの除湿機能、
エアコンの冷房より
電気代が高いって知ってましたか?

ということで
今日はエアコンの除湿と電気代について
説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エアコンの除湿(ドライ)は、冷房より電気代が高い?

エアコンの除湿というと
単に湿度を落とすだけで
冷房は温度を下げるので
エアコンの除湿と冷房を比べると、除湿機能の方が電気代が安い
というようなイメージがありますよね。

実はこれ
半分正解で、半分不正解です。
むしろ、今は不正解、つまり除湿の方が電気代が高い
と言ってもいいと思います。

というのも
昔と今でエアコンの除湿で使われている
除湿方法が変わってきたのです。

以前のエアコンに搭載されている除湿は
「弱冷房除湿」という方法で除湿されていました。

この方法は
空気の温度をあまり下げずに除湿を行う方法で、
あまり除湿効果が高いとは言えない面がありました。

そこで最近のエアコンでは
「再熱除湿」と呼ばれる除湿方法が行われています。

この「再熱除湿」とは、
空気を強く冷やすことで除湿量を増やし、
そのまま強く冷やされた空気を出すと寒くなりすぎるので、
空気を再度暖めなおしてから部屋に空気を吹き出す方法です。

つまり、
冷やしてから温めるという行為をするため
通常のエアコンより電気代が高くなるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京電力が2009年7月に発表した調査によると
設定温度24度での結果は、
冷房運転の電気代が1時間あたり11円
昔の除湿(弱冷房除湿)が1時間あたり4.1円
今の除湿(再熱除湿)が11時間あたり14.9円の電気代がかかるのです。

もちろん、
これは2009年の結果であり、
最近、
各エアコンメーカーも
企業努力によって消費電力を下げているので
今はこれより安いと思います。

以下は
価格.comのデータですが、
このデータによると年々、消費電力は減ってきています。

ただ、
消費電力が減ってきたことにより
たとえ電気代が下がったとしても
除湿の方法が変わっていないので
今も、冷房より除湿(ドライ機能)の方が電気代は高くなっていると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

知っておきたい、エアコンの電気代節約術。冷房と除湿の順番はこれ!

できるなら、
エアコンの電気代節約したいですよね。

それにはどんな方法があるのでしょうか?

実は
エアコンを上手に使うには
うまく使うための順番がああるのです。
その順番をここで説明していきますね。

手順1:まずは扇風機で部屋の温度を下げる

まずですが
エアコンを使う前に扇風機を使って
風を送って
部屋の温度を下げてあげましょう。

その理由は
扇風機の方がエアコンより
圧倒的に電気代が安いからです。

もちろん、
希望する温度まで
扇風機で下げることはできませんが、
扇風機でまず、できるだけ温度を下げて上げることで
次に使うエアコンでの消費電力を抑えることができるのです。

手順2:エアコンの冷房で希望温度まで温度を下げる

手順1の扇風機で、できるだけ温度を下げたら
次はエアコンの出番です。

エアコンの冷房を使って
希望温度まで温度を下げてあげましょう。

先ほど説明したように
冷房の方が除湿より電気代が安いのですから。

手順3:除湿で部屋の快適さを保つ

その後ですが
除湿を使って、部屋の快適さを保ってあげましょう。

手順2によって
必要な温度まで温度も下がっているので
除湿を使っても
必要以上に温度を下げるという行為がなくなるので
冷房をそのまま使うより、電気代が安くなるのです。

以上の手順で
できるだけ電気代を安くしてあげましょう。

あっ、
もちろん、
カーテンなどで遮熱をしたり、必要以上に温度を下げない
など
電気代を下げるための工夫は他にもしてあげてくださいね。

以上、今日は
エアコンのドライ(除湿)の電気代を冷房の電気代と比べて説明しました。

この夏、快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク