スポンサーリンク

エアコンがぬるい送風しか出ない!室温が下がらない時の対策は?

暑い夏、頼りになるのがエアコン!

でも、
そのエアコンからぬるい送風しか出ない
そんなことでお困りではありませんか?

せっかくのエアコンなのに
うまく機能しなかったら悔しいですよね。

ということで今日は
エアコンからぬるい風しか出ない時の対策について
ご説明いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず疑うべきはエアコン本体と室外機

今までエアコンから冷たい風が出てたのに
ある日突然、
急に暖かい風しか出なくなったとしたら
まず疑うべきはエアコン本体と室外機です。

まず
エアコンの効きが悪い原因の1つめは、
本体の問題によるものです。

あなたのエアコンは
フィルターが汚れていませんか?

もし、エアコンのフィルタが
埃で詰まっていたりすると
冷たい風が出なかったりするものです。

ここで、
少しくらいの汚れならとあなどるのはNGです。
フィルターの汚れは、エアコンを効きにくくするだけでなく、
電気代がかさむ原因にもなりますのでシッカリ掃除をしておきましょう。

また、
「エアコンのフィルタはしっかり掃除してるよ」
という方は次に
エアコンの室外機をチェックしてみてください。

ご存知だと思いますが
エアコンの冷たい空気は
エアコンの中で出しているものではなく、
エアコンにつながっている室外機で空気交換することで
冷たい風が出るようになるのです。

そのため
エアコンの室外機が故障していれば
冷たい空気は出ません。

時に
ホコリや黄砂が舞いやすい地域では、室外機が汚れやすく、
それにより
室外機が故障してしまったり
室外機が埃で詰まって効率が悪くなったりするので
それが原因で
エアコンから暖かい風しか出ないということも考えられます。

また、意外と多いのが、室外機の故障です。
あなたは最近、
外壁塗装などで室外機を動かしてませんか?
室外機を動かすと、室外機に含まれている冷媒ガスが漏れることがあり、
そうなると空気を冷やすことができなくなるので
冷たい風が出なくなります。

あと
チェックすべきは室外機の環境です。

以上で説明しているように
室外機は空気を冷やすのにとても重要な機械なので
室外機が熱くなったり、室外機の周辺の空気の流れが悪くなると
冷房効率が格段に悪くなります。

そのため
室外機に直射日光を当てないよう、
また、室外機の吹出口や吸込口を何か物でふさがないように
室外機の環境にも注意してあげてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あとはエアコンの設定にも問題がある場合が


あと、
これは大丈夫だとは思うのですが
エアコンの設定にも問題がある時もあります。

たとえば
エアコンによっては
冷たい空気が出るまでに
数分の時間を要すものもあります。

ですので、
エアコンをつけ始めで
冷たい空気が出ないと思ってても
ちょっと待ったら冷たい風がで始めた
という時もあります。

なので、
暑いのはよくわかるのですが
ちょっと待ってみて、
それでも暖かい風が出ないかどうかを確かめてあげてください。

あと、
設定温度ど室内温度が近い場合、
あえてそんなに冷やす必要がないので
出てくる風も
そんなに冷たい風じゃなくなります。

ですので、
設定温度が高すぎないのかどうかも
しっかりと確認してあげてくださいね。

以上、
今日は
エアコンが急にぬるい送風しか出なくなったときの原因を
ページにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク