スポンサーリンク

トランプのイスラエルの首都認定を分かりやすく!

今年の5月に
アメリカの大使館がエルサレムに移転されますね。
(関連記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00026691-houdouk-soci)

しかも
昨年末にトランプ大統領は
エルサレムをイスラエルの首都として認定しています。

なぜ、このタイミングで
トランプ大統領は
エルサレムをイスラエルの首都として認定したのでしょうか?

その辺りを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もともと、アメリカではエルサレムをイスラエルの首都にする予定だった

で、今回のニュースでまず大事なこととして
今回、トランプ大統領がむちゃくちゃしたわけではなく
もともとアメリカでは
エルサレムをイスラエルの首都とする予定だったということです。

それはさかのぼること1995年になります。
1995年、米上下院での圧倒的多数で、「エルサレム大使館法」が成立し、
テルアビブにある在イスラエル米大使館を1999年5月31日までにエルサレムに移すことが決められました。

ただ、
エルサレムというのは
歴史上、色々な背景が交わるところ

[関連記事]
イスラエルの歴史を簡単にわかりやすく説明

だから
歴代のアメリカ大統領は
国際的世論を気にして、エルサレムへの大使館移転をずっと先送りにしてきました。

大統領には
大使館移転を半年間先延ばしにできる権限を有していたのです。

で、ずっと先送りにしてたんですが
トランプ大統領は
その権限を使わなかった。

だから、
トランプ大統領によって
エルサレムにイスラエルの大使館が移動したわけです。

トランプがイスラエルを首都に認定した背景

しかも、
それだけではなく
トランプ大統領は
昨年末、イスラエルの首都はエルサレムである
という宣言を出します。

これはどうしてでしょうか?

実はこの背景として
トランプ大統領の支持率回復が目的と言われています。

今、
トランプ大統領は
ロシアとの関係ですごい窮地に立たされていて
支持率がどんどん落ちている状態。

そこで
アメリカで政治的権力を持つ
ユダヤ人からの信頼をしっかりつかむべく
今回の発言をしたと言われています。

なんか、
これだけみたら
トランプ大統領は
自分の支持率しか考えておらず
国として、
国際的位置付けなどを一切無視した人間ということになりますね。

これは
アメリカファーストというよりは
トランプファーストですね。

以上、
今日は
トランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレミで認定した理由を
分かりやすく説明しました。

今日は以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク