スポンサーリンク

猫の食費が案外馬鹿にならない。実際どれくらいかかる?

実際に猫を飼っていると、実は結構お金がかかります。
食費はもちろん、猫砂や爪研ぎ、
買い始める際には猫のトイレやキャリーバッグ、
場合によってはケージなども必要となります。

その中でも
やはり一番気になるのは猫の食費についてです。
食事は毎日の事なので、思っている以上にお金がかかります。

ここでは1ヶ月に餌代がどのくらいかかるのか、
また猫の餌代を節約するポイントなどについて
述べていきたいと思います。

[理解がもっと深まる関連記事]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1ヶ月の猫の餌代ってどれくらい?

猫の餌にはドライタイプ、
猫缶やパウチ包装などのウエットタイプ、
いわゆる半生状態のセミウエットタイプなどがあります。
味や値段、量などはメーカーによってさまざまです。

ネット上の情報や口コミなどから判断すると、
ドライタイプの餌の場合は月に2500円から3000円、
ドライタイプとウエットタイプ両方だと
月に4000円ぐらいかかるようです。

さらにおやつ代は別として考えると、
結構馬鹿にならない金額ですよね。

もちろん猫が一匹だけでなく
複数匹いる場合はさらに餌代がかかることになります。

猫の餌代を節約するポイントとは?

1.容量の多いものを選ぶ

ホームセンターやドラッグストアなどには
大容量のドライタイプ猫の餌が販売されています。
量の少ないものを何度も買うよりは、
大容量のものを買い猫に与えた方がやはりお得です。

猫缶も一缶タイプのものより
3缶で一パックになっているタイプの方が
値段的にはかなりお得です。

ただし、
猫の餌にも賞味期限があるので
買いすぎには注意しましょう。

また保存する場合も
高温多湿を避けて保存するようにしましょう。

2.高級志向はなるべく避ける。

可愛い飼い猫のために
高額な餌を食べさせてあげたい飼い主さんの気持ち、
私も猫を飼っているのでよくわかります。

しかし猫は賢い生き物なので、
一度高級な味を覚えてしまうと、
今までの餌を食べなくなってしまったりする場合もあります。

もし
たまには高級な餌をあげたいという方は、
ご褒美的な感じで
時々おやつ程度に猫に与えてはいかがでしょうか?
しかしあげすぎは肥満の原因にもなるのでほどほどにしましょう。

まとめ

猫の1ヶ月の餌代は案外馬鹿にならない金額です。
節約などさまざま工夫が必要でもあります。

でもやはりなんと言っても
猫は大切な家族の一員でもあります。

家計と相談しながらできる範囲で
猫の餌代について考えていきましょう。

[ご一緒にこちらの記事もいかがですか?]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク