スポンサーリンク

【これはヒドい】髪染め強要で不登校になった女子高生が提訴

頭髪が生まれつき茶色いのに、
学校から髪を黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、
大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の
女子生徒が大阪地裁に提訴しました。

そこで今回の記事では、
この騒動の概要、および最近話題の地毛証明書について説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

懐風館高校の今回の騒動について

まず、今回の懐風館高校の騒動ですが
以下のような内容です。

2015年4月に懐風館高校に入学した女子高生が
学校側から髪を黒く染めるように要請。

ただ、
この女子高生、最初に説明した通り、
もともと地毛が茶髪。
で、同じことで中学時代にも怒られていることから
その女子高生のお母さんが
入学前に学校の先生にその旨を伝えて配慮を要請していたそうです。

にもかかわらず、学校側は入学前に
女子生徒に「その髪色では登校させられない」などと黒染めを求めて、
それに応じて女子高生は髪を黒く染めることに。

ただ、2016年春ごろにはその髪染めで頭皮が痛くなるなどしたことで
母親が学校に抗議したのですが、
学校側は「黒色にするのがルール」と受け入れず、
その後も「染め方が足りない」などと4日に1度の頻度で注意されるなどしたため、
女子生徒は過呼吸となり、その年の9月から不登校になったということです。

そして、女子高生は
「黒染めの強要は生まれもった身体的特徴を否定するもの。
 著しく不合理で教育上必要とはいえない」とした上で、
「生徒指導の名のもとに行われたいじめ」と主張して提訴と騒動になりました。

これだけの経緯を見ると
僕は
対応としては学校が悪いなとそう感じました。

なんか、融通がきかないというか
絶対に黒髪じゃないといけないという
そこを譲らないところがひどいなと、そう思いました。

ただ、
この件、非常に難しいなと思うのが
あとで説明するように
「地毛証明書」というのを提出すれば
髪染めをしなくてもいい学校っていうのもあるんですよね。

もちろん、
普通は入学の段階で、そこまで調べないかもしれませんが
今回のケースの場合、
その女子高生、中学でも同じ事例で悩まされてるんですよね。

だったら
その地毛証明書もしくは
茶髪で大丈夫かどうかについて
事前に懐風館高校に問い合わせるとか
そんな手段は取れなかったのかなとそう思います。

それを事前に調べておけば
今回のようにお互いが嫌な気持ちになることもなかったでしょうし。

もちろん、
学校の対応はやりすぎでこれはひどいと思いますけど
(この部分は後述)
その前に
その女子高生ができることはなかったのかなと
そう思いますね。

だって、
例えばアメリカ人が日本に拳銃持って持ち歩いてて
それで捕まった時に
「人権侵害だ」と言われたところで
「それがルールなんで」という話にしかならないじゃないですか。

そのルールに従うか、
それが嫌なら、それが許される他の場所に行くべきですよね。

今回のケースでも
後述するように学校の対応はひどいとしても
女子高生としても
前述したように事前に調べておくとか
それこそ、
それができなかったとしても転校するとか
そんな対策はできなかったのかなとそう思います。

懐風館高校のパワハラについて

なので、学校が黒髪を強要した、
そこまではまだ懐風館高校自体の行動に理解ができるんです。

ただ、この部分に関しては
懐風館高校の対応が100%悪いと思います。

それは何かというと
懐風館高校、
その女子高生にパワハラというか明らかな人権侵害してるんですよね。

その内容として
例えば女子高生に関して
「母子家庭だから茶髪にしているのか」
って言ったりしてるんですよ。

絶対、
母子家庭と茶髪は関係ないですしね、
これは明らかに母子家庭をバカにした人権侵害だと思います。

あと、
「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」
って言ったりもしてるらしく、
これも外人に対しての人権侵害じゃないかなと。

ここまでは生活指導自体がひどいとして、
学校側の対応としてまずかったのが
「高校は今年4月、生徒の名前を名簿から削除」
ということで
単に登校拒否しているだけの女子高生を
学校の名簿から勝手に削除してるんですよね。

これはさすがにヒドいでしょ。

この辺りに関しては、
女子高生の言い分も正しいというか
懐風館高校が100%悪いと思いますけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京の6割の学校で提出の地毛証明書とは?

で、さっきの話なんですけど
そういう地毛が茶髪の女子高生がいることを考慮して
都内の学校では
「地毛証明書」というのを出させてるんですね。

地毛証明書とは


上記のようなもので
生まれつき地毛が黒髪以外であったことを証明するものです。

上記の写真のように
子供の頃の写真と一緒に出すことが一般的のようですね。

地毛証明書ってどこでもらえる?

で、この地毛証明書ですが
たいていの学校では
何か専門家が発行しないといけないというものではなく
学校から申請書をもらってきて親が記入するというのが一般的のようですね。

確かに病院や美容院に行ったとしても
その人の地毛がもともと黒かどうかなんてわかるはずないですもんね。

ですから、
地毛証明書自体は簡単に発行できるもので費用もいらないわけです。

なので、
繰り返しになりますが
なぜ、
この女子高生は
そういう地毛証明書があるような学校、
もしくはそもそも茶髪でもOKの学校に行かなかったのかなと
そう思いますね。

もちろん、
人権侵害をするような学校が一番悪いんですけどね。

以上、
髪染め強要で不登校になった女子高生が
髪染め強要した懐風館高校を提訴した件について記事にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク