スポンサーリンク

Amazon pay 開始!QRコード決済サービスのメリットは?

ネット通販大手のアマゾンジャパンは
飲食店など実際の店舗で
スマートフォンを使った決済サービスを開始したと発表しました。

このスマートフォンを使った決済サービスとは
QRコード決済サービスのことで
ネット通販で使うために登録してあるクレジットカード情報を利用し、
店頭でスマートフォンのアプリのQRコードを表示するだけで支払いができます。

実はこのQRコード決済サービス、
日本でもすでに導入が広がり始めています。

そこで
今回は
主な日本のQRコード決済サービスおよび
QRコード決済サービスのメリットについて説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

QRコード決済サービスのメリットは?

おそらく、スマホを使った決済サービスというと
おサイフケータイであったり
apple payなど
スマホをかざすだけで決済ができる決済サービスが
現在主流ですよね。

その一方、
今、日本で浸透しつつある
QRコード決済サービス、メリットは一体どこにあるのでしょうか?

QRコード決済サービスのメリットとしてあげられるのが
主に以下の2つです。

QRコード決済サービスのメリット:機種に依存することがない

apple payであったり、お財布ケータイの場合
そもそも携帯にその機能がないと使えません。

例えば、筆者は
Y!mobileを契約している関係で
iphon SEを使っているのですが、
iphone SEにはapple payの機能が入っていません。

このように
機種によって使えるものがあったり、使えないものがあるのですが
QRコード決済サービスの場合、
スマホにアプリをインストールするだけなので
機種に依存することなく使用することができます。

QRコード決済サービスのメリット:専用端末が必要ない

上記は使用者側のメリットですが
お店側のメリットもあります。

それは
決済のための専用端末が必要ないため
初期導入コストが安く済むということです。

例えば
おサイフケータイにしても
apple payにしても
それを読み取るための専用端末が必要なのですが
QRコード決済サービスの場合、
お客さんにQRコードを読み取ってもらうだけで
決済が完了するので
極端な話、出店とか屋台とかの一時店舗でも利用できます。

ですので
店舗側としても
導入のハードルがすごい低いのです。

QRコード決済サービスの日本でのサービスは?

そんなメリットがある
QRコード決済サービスですが
日本ではどのような会社がそのサービスを展開しているのでしょうか?

それは以下の通りです。

QRコード決済サービス:Pay ID

無料でオンラインショップを開設することができる
BASEを運営している株式会社BASEが提供しているQRコード決済サービス。

QRコード決済サービス:PAYMO

割り勘アプリを提供している
paymoが提供しているQRコード決済サービス。

QRコード決済サービス:pixiv PAY

イラスト投稿サイトのPixivが出しているQRコード決済サービス。

コミケ前に発表され、
主にコミケなどでサークルとお客さん間で
使われることを想定しているであろうサービスです。

QRコード決済サービス:Smash Pay

チャージ式の電子マネーのQRコード決済サービスで
クレジットカードから直接払うわけではなく、あくまで
ポイントを購入して、QRコードを読み取って、
そのポイント(電子マネー)から支払う。

QRコード決済サービス:Line Pay

あのLineが出している決済サービスで
ユーザーがカメラでバーコード、QRコードを読み込むのではなく、
レジでこちらが表示したバーコード、QRコードを読み取ってもらうタイプの
Qrコード決済サービス。

支払いは主にINE Payアカウントの残高から支払う。

QRコード決済サービス:楽天ペイ

楽天が提供している決済サービスで
その中でQRコード決済サービスも提供されている。

LINE Payと同様にQRコードを読み取ってもらう形で決済、
他に、タブレットなどで表示されたQRコードを
ユーザー側で読み取る方法の両方が用意されています。

QRコード決済サービス:Origami

クレジットカードを登録して店舗のQRコードを読み取る形で
決済をすると2%オフになるような
キャンペーンありの店舗が多数用意されているのが特徴。

QRコード決済サービス:d払い

2018年4月に提供開始された
NTT Docomoが提供するQRコード決済サービス。

QRコード決済サービス:ヤフースマホ決済

2018年6月に開始された
ヤフーによるQRコード決済サービス。

これからも様々なQRコード決済サービスが開始されそうですね。

ただ、
これがどれだけ導入されるかは
導入ハードルが低いお店側の気持ち

できるだけ簡単に決済したい = スマホかざすだけがいいユーザー側の気持ち
のどちらが勝つかによって決まってくると思います。

いくら、店が導入したいといっても
ユーザーがめんどくさがって
使ってくれなければ意味がないですからね。

今後の進捗に注目です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク