スポンサーリンク

スケボー日本代表の池慧野巨(ケヤキ) のプロフィールは?

今日のYahooニュースです。

東京五輪新種目スケボー初の日本代表決定「ちゃんとシャツを着るところから経験」

この記事によると

 2020年東京五輪の追加種目に決まって以来、
スケートボードの日本代表が初めて選出された。

この日優勝した
男子の池慧野巨(いけ・けやき、17)、
女子の伊佐風椰(いさ・かや、16)が
今夏のアジア大会(ジャカルタ)代表に決まり、
各上位4人を強化指定選手に選出。

20日にはパーク競技の日本選手権(新潟)が行われ、
同じくアジア大会代表男女1人、強化指定選手各4人が決まる。

ということで
男子では池慧野巨(池ケヤキ)さん、女子では伊佐風椰(いさかや)さんが
日本代表に選ばれたということですね。

この
池慧野巨(池ケヤキ)さん、
調べたら
ものすごい人物であることがわかりました。

今日はX-tech

A post shared by keyaki ike (@keyaki1) on

ということで、
今日はどこのブログよりもいち早く
この
池慧野巨(池ケヤキ)さんのプロフィールを
紹介しようと思います。

池慧野巨(池ケヤキ)さんがプロ契約を結んでいる
モンスターのホームページによると
池慧野巨(池ケヤキ)さんのプロフィールは以下の通りです。

7歳からスケートボードに乗り続け、現在15歳の池慧野巨(いけ・けやき)。
ストリートからトランジション、
ハンマートリックから日本人が得意とする繊細な複合ブロックトリックまで、
すべてを得意とするパーフェクトスケーターだ。

12歳で本場アメリカのスケートボードカンパニーから直接オファーがあり、
フローライダーとして活躍。

2015年、六本木ヒルズで開催されたREAL TOUGHNESSでは、
日本代表としてチームを優勝へと導き、
翌2016年は名だたるライダーを倒し個人優勝を果たす。

ここ数年は活動の場所を日本から世界へ広げ、
フィルミングからコンペティションまですべてのフィールドで結果を残し、
世界から注目されている。

特に精密な動きを必要とされるステアや、
ハンドレールなどのビッグセクションでのトライの際の集中力は並外れており、
数発でメイクまでもっていくプロセスは現場にいる者を魅了し、
数々の有名なハンマースポットでベストレコードを更新している。
小さな身体から想像を遥かに越えるビッグトリック。
今後、世界で活躍する事を約束された、数少ないリアルモンスターだ。

ということで、
池慧野巨(池ケヤキ)さんのプロフィール、
すごい経歴ですね。

特筆すべきは
「12歳で本場アメリカのスケートボードカンパニーから直接オファーがあり、
 フローライダーとして活躍。」
ということで
12歳ということは小学校6年生からプロ契約しているんですね。

すごいですよね。

ちなみにこの記事によるとhttps://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590120.html
池慧野巨(池ケヤキ)さんはこういうプロフィールになっています。

2001年(平13)4月29日、和歌山県生まれの14歳。
7歳からスケートボードを始める。
12年AJSA全日本アマチュア選手権4位でプロになる。
15年AJSAプロツアー最終戦優勝。
米大手ブランド、Almostなどとスポンサー契約。
名前は長生きして大きくなるという意味を込めて「欅(けやき)の木」から字画で慧野巨に。
大阪在住。家族は両親と弟。1メートル52、43キロ。

ということで
池慧野巨(池ケヤキ)さん、
アメリカの大手ブランドとプロ契約しているということですが
年収どれくらいなんですかね?

プロスケートボーダーの年収って全然イメージがつかないですよね。

兎にも角にも
池慧野巨(池ケヤキ)さん、
今後、東京オリンピックでぜひ活躍して
スケボーで金メダルを取って欲しいですよね!

以上、
今日は
東京オリンピック
スケボー日本代表の
池慧野巨(池ケヤキ)さんのプロフィールについて
紹介しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク