スポンサーリンク

マイクパウエル、走り幅跳びと100mの記録は?どれくらい?現在は?

あなたは
マイクパウエルを知っていますか?

そうです、
1991年の世界陸上東京大会の
男子走り幅跳びで偉大な世界記録をうちたてた陸上選手です。

そこで今日はこの
マイクパウエル選手について紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイクパウエルのwiki風プロフィール

マイク・パウエルは1963年11月10日に
アメリカのペンシルベニア州フィラデルフィア出身で生まれた
陸上選手。

英名でMichael Anthony “Mike” Powell。

1968年にボブ・ビーモン氏が打ち立てた
男子走幅跳の世界記録を23年ぶりに更新し、
現状においても未だに破られていない
男子走幅跳の世界記録保持者。

男子走幅跳の主な成績
1988年 ソウルオリンピック:2位
1991年 世界陸上競技選手権大会:1位
1992年 バルセロナオリンピック:2位
1993年 世界陸上競技選手権大会:1位
1993年 ロンドンIAAFグランプリファイナル:1位
1995年 世界陸上競技選手権大会:3位
1996年 アトランタオリンピック:5位

マイクパウエルの世界陸上東京大会での走り幅跳びと100mの記録は?

マイクパウエルの世界陸上東京大会での
走り幅跳びでの記録ですが8m95cmで
この記録はいまだに破られていません。

これがどれくらいすごいかですが
走り幅跳びの日本記録が8m25cmですから、
日本人の走り幅跳びに比べて70cmも多く跳んでいることになります。

同じ人間が前にジャンプして
70cmも多く跳ぶってすごくないですか?

また、マイクパウエルが現状持っている
走り幅跳びの世界記録ですが
実は1995年にキューバのイバン・ペドロソが
走り幅跳びでマイクパウエルの世界記録を
1cm上回る8m96cmを記録しましたが、
風の測定があいまいだったということで、この記録は認められていません。

なお、
マイクパウエルの100mの記録は10秒45となっています。

マイクパウエルの現在は世界記録を取り消されて怒り心頭?

実はこのマイクパウエルの走り幅跳びの世界記録ですが
現状、取り消しの危機にあっています。

その理由としてはドーピング問題。

といってもマイクパウエルがドーピングをしたわけではなく
最近、陸上業界として全体的にドーピングが多いことを懸念した
欧州陸上競技連盟が
「大会までの数か月間で定められた回数のドーピング検査を受けた」場合にのみ
それを世界記録として正式に認定しましょうというルールを定めようとしています。

が、
もちろん、
マイクパウエルみたいな昔の時代になると
そんなルールが明確に定まっていないわけで
そうなるとマイクパウエルの走り幅跳びの世界記録が認定されなくなる
そんな危機に直面しています。

その問題を踏まえて
マイクパウエルは「もちろん、そんなの認められない!」
と激怒。

さて、
この問題、今後どうなっていくのか注目ですね。

僕的には
どこかの年度というのを決めて
そこからあとはそのルールを適用するというのが
いちばんいいんじゃないかなと
そう思いますが、実際はどうなんでしょうね?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク