スポンサーリンク

奥寺康彦ってすごいの?評価は?ポジション背番号は?息子はいる?

今日のYahooニュースです。

大迫勇也、ブレーメン移籍が正式発表!北部名門クラブにとって奥寺氏以来の日本人選手にhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000024-goal-socc

記事によれば
元鹿島アントラーズの大迫勇也選手が
ドイツのサッカーチーム「ブレーメン」へと移籍したそうで
ブレーメンとしては奥寺康彦氏以来の日本人選手になったそうです。

で、
この時の素朴な疑問が
「奥寺康彦ってすごいの?どんな選手?」っていう疑問。
(サッカーファンの方、無知ですいません 汗)

ということで今日は
奥寺康彦選手について、色々と調べたことをまとめていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥寺康彦選手って誰?

奥寺康彦選手ですが
昔、日本及びドイツでプレーしたサッカー選手で
現在はサッカーチーム、横浜FCの取締役会長となっています。

とはいえ、
奥寺康彦選手が現役としてプレーしていたのが
1970年〜1988年ということで
今から30年前。

実際、どんな選手だったか
今の僕たちでは奥寺康彦選手の活躍っぷりが分からないですよね。

ということで
奥寺康彦選手のすごさ・海外での評価を調べて見ました。

奥寺康彦選手ってすごいの?海外での評価は?

まず、奥寺康彦選手ですが
wikipediaによると
その正確無比のプレースタイルから
地元ドイツのファンから「東洋のコンピューター」というニックネームで呼ばれていたそうです。

また、
UEFAチャンピオンズリーグでは
アジア人として大会史上初となるゴールを記録しているという
凄い選手です。

アジア人初ってすごいですよね。

で、
奥寺康彦選手がどれくらい凄かったかという海外の評価ですが
ブンデスリーグが選ぶ
日本人TOP10では以下のように堂々の第2位を記録しています。

  • 1位:香川真司(ドルトムント)
  • 2位:奥寺康彦(ケルン/ヘルタ・ベルリン/ブレーメン)
  • 3位:岡崎慎司(シュトゥットガルト/マインツ)
  • 4位:長谷部誠(ヴォルフスブルク/ニュルンベルク/フランクフルト)
  • 5位:内田篤人(シャルケ)
  • 6位:清武弘嗣(ニュルンベルク/ハノーファー)
  • 7位:乾貴士(ボーフム/フランクフルト)
  • 8位:細貝萌(レヴァークーゼン/アウクスブルク/ヘルタ・ベルリン)
  • 9位:高原直泰(ハンブルガーSV/フランクフルト)
  • 10位:宇佐美貴史(バイエルン/ホッフェンハイム)

ですので、
今の人には
地元では当時、奥寺康彦選手が
今の香川真司くらい評価されていたといえば
凄さがわかりますかね。

香川真司クラスといえば
奥寺康彦選手、かなり凄いですよね。

しかも
岡崎とか長谷部とか内田とかを抜いての
日本人堂々2位ですからね。

奥寺康彦選手が海外で評価されている
凄い選手だということをご理解いただけたでしょうか?

この奥寺康彦選手ですが
実際、そのブレーメン時代のポジションはどこだったのでしょうか?
次はその辺りを説明します。

奥寺康彦選手のポジション背番号は?

奥寺康彦選手ですが
実は最初のドイツの移籍はブレーメンではなく
FCケルンでした。

そしてそのさいのポジションはFWだったのですが
ブレーメンに移籍した際に
その時は、守備的MFや左ウイングバックでの出場が多かったそうです。

この辺りは監督の起用法ですね。

そして、
海外の評価でいうと
左ウイングバックのポジションでの奥寺康彦選手の評価が高いようです。

また、その際の背番号ですが
その当時のドイツは
決まった背番号というのがなく、
ポジションに応じて背番号が配られるシステムらしく
左サイドを守っていた頃はもっぱら3番・守備的MFとして出る場合は6番
それ以前にFWをやっていた時期は9番を付けたりと
コロコロ背番号が変わっていました。

だから、奥寺康彦選手の背番号は何番というのは
決まってはないのですが
日本に帰ってきてからの奥寺康彦選手はもっぱら背番号10番をつけていたそうです。

最後に
奥寺康彦選手のプライベートについて言及しておきます。

奥寺康彦選手に子供はいる?

そんな奥寺康彦選手ですが
実は現在、35歳になる長女をはじめ、三男一女のお父さんということです。

そしてドイツにいる頃は
しっかり子育てに参加していたようですが
日本に帰ってきてからは忙しくて
なかなか育児に参加できなかったということで
そっと話をするなど一緒の時間をもちたかったかなと振り返っておられます。

でも、
お父さんがエース選手だったら
子供もしょうがないと納得するんじゃないですかね。

ということで今日は
大迫勇也選手のブレーメン移籍にちなんで
ブレーメン初の日本人選手、
奥寺康彦選手について色々と説明しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク